負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう崖っぷちの映画録。また、たまに<映画をエンジョイ英語もエンジョイ>と題して、映画の実際のスクリプトを原文と翻訳でご紹介。英語学習気分もちょっぴりどうぞ!

日本映画

負け犬もこれを観ずして死にたくない!「太陽を盗んだ男」

ジュリーと文太の生涯最高の対決!ゴジラが日本に宣戦布告しケンカを売った!もう二度と実現し得ない大日本活劇映画の最高峰! (評価 90点) ひとりぼっちのやさぐれ教師が、盗み出したプルトニウムで手に入れた悪魔の力。70年代末に日本に誕生したのは…

負け犬もかつてはなりたかったサムシング「の・ようなもの」

何物でもない、何物にもなりきれない、そんな人間たちに注がれる溢れるほどの愛情!やっぱり人間って素晴らしい! (評価 88点) 夜明け、うっすらと明けかかった隅田川のリバーサイドをツィートしながらただ歩く志ん魚(しんとと)。たったそれだけのシー…

負け犬のうれし恥ずかし初体験「仁義なき戦い」

義理任侠に背をむけ、ステレオタイプのヤクザ映画を根底から破壊したレジェンドとこの年になって初めて御対面! (評価 74点) 着流しを着て殴りこむ、古き良きヤクザはもうここにはいない。ただひたすら金の匂いを本能で嗅ぎつけ、謀略に明け暮れる極道を…

負け犬も腹を抱えて大笑い!超大作映画のはずが何もかも滅茶苦茶な素っ頓狂映画で放送禁止必至の超怪作だった件「君よ憤怒の河を渉れ」

あの名優、高倉健の黒歴史。いや、これはもう暗黒の歴史だ。無茶苦茶なミス・マッチ感、そしてとんでもない程のお間抜け感にズッコケ必至のアカデミー級の大珍作! (評価 10点) 馬だ~!犯人が馬で逃げたぞ~!パッパカッパッパカ!ンなアホな!2時間3…

負け犬のケダモノと悪魔の挽歌「復讐するは我にあり」

匂い立つほどのケダモノが放つ悪魔の臭い、そして悪魔が放つケダモノの臭いを描き切った、ネオ実録映画の屈指の傑作 (評価 84点) 映画を見ている間中、むせかえるほどの湿った日本の土着の匂い、そして一人の殺人鬼が放つ凶暴な臭いに圧倒される日本映画…

負け犬の世にも幼稚な学芸会「散歩する侵略者」

宇宙人が散歩する。その目的は人間の概念を盗むため?ベテラン監督が描く侵略SFは、世にも幼稚な自主製作映画だった! (評価 15点) わざとらしいシーン、そして、有り得ないほどにわざとらしいセリフ回し。全てにおいて幼稚なワースト映画。 その昔、…

負け犬は三万三千五百六十円也「お葬式」

唯一無二、世界初にして最後。日本人にしか作れない、エッセイ映画の金字塔! (評価 90点) 見るたびに笑い、しんみりとし、感動の余韻に胸が熱くなる。そして、決まって最後には人間が愛しくなる、愛してやまない邦画の大傑作。 死亡診断書込み、処置料…

負け犬の王様の身代金「天国と地獄」

黒澤明の代表作の一本でもあり、格差社会を正面から捉えた犯罪サスペンスの傑作 (評価 85点) 緊密なスクリプト、脚本の妙味、警察サスペンスの醍醐味が存分に堪能できる今なお不滅の傑作。ハイコントラストのモノクロームの映像の中、浮かび上がる犯人役…

負け犬の突然変異のミュータント「新幹線大爆破」

一部のスキもないスクリプト。映画の命は、やはり脚本であることを思い知る。冒頭から疾走する異様な熱気が2時間30分にわたってみなぎる。それもそのはず停まりたくても停まれないノンストップサスペンスの決定版 (評価 88点) 停まりたくても停まれな…

負け犬はフラクタル「3-4X10月」

枯れた才能もループしたらリストアされるのだろうか (評価 76点) かつて世界中で巨匠と絶賛された一人の日本映画の監督がいた、その名を北野武。だが、いまや、そんなことなど知る人がいるのだろうか・・というぐらい久しく映画のフィールドでその名を聞…