負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が、負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう映画録。そして、木枯し紋次郎を完全コミック化(笑)した「劇画!木枯し紋次郎」を日々、配信中!色々な動物が繰り広げる動物コミックもあわせてお楽しみください

エロス

負け犬の煮えたぎるエロき欲望「課外授業」

70年代エロ女教師物の頂点!エロガキたちの欲望が、熟女先生の薄いプラウスから透けて見える白い肌と乳首に燃え上がる! (評価 70点) 世のエロガキたちの燃えたぎる欲望のなれそめの対象はと言えば、もっとも身近にいる大人の女性、そう、学校の女先生…

負け犬の終わらない発情期「エマニエル夫人」

多感なエロ少年たちの合言葉はエマニエル!まだ見ぬエロい世界への思いの丈を極限なまでに募らせた禁断の青い扉が今開く! (評価 74点) あれは忘れもしない1974年も暮れの師走時にさしかかった頃、まだ小学生だった負け犬がとある金曜日の夕刊を開い…

負け犬のキム・ベイシンガーのたおやかな肢体!めくるめく官能のグラビアマガジン「ナインハーフ」

天才的ビジュアリスト、エイドリアン・ラインの技巧が冴えわたる、シックでエロチックなビジュアルカタログ。ミッキー・ロークとキム・ベイシンガーのカップリングが眩しくもゴージャスなカタログ映画。 (評価 76点) ロングのシルエットで登場するキム・…

負け犬の人生は奇妙なダンス、プチエロとポン・ジュノとの意外な関係「髪結いの亭主」

人生は奇妙奇天烈で可笑しなダンス。おかしくてやがて悲しき、そして束の間のエロスの桃源郷の儚き運命に涙 (評価 78点) 一枚のレコードをかける少年の手。音楽が始まるや少年は真っ青な空の下、奇妙なダンスを踊り始める。そんなイントロで始まる本作。…

負け犬の総天然色の昭和のエロス!酒池肉林の大奥と洋ピンの女体合戦!「徳川セックス禁止令 色情大名」

ガード下の洋ピンのポスターの欲情が蘇る!あの洋ピンの女王サンドラ・ジュリアンが乱舞する大奥江戸絵巻!東映大奥ピンク路線のあだ花は、いやらしくも意外とイケル怪作だった!(評価 60点) 好奇心と性欲満々のいたいけな映画小僧だった負け犬の瞼に当…

負け犬の輪姦されて蹂躙されて犯されまくった女がレイプ・リベンジャーと化した件「アイ・スピット・オン・ユア・グレイブ」

レイプ!レイプ!レイプ!野卑な男たちに踏みにじられた女の復讐はとてつもなくグロかった。 (評価 62点) 負け犬の悶々とした性春の記憶にくっきりと刻印されていた映画のタイトルがある。その映画のタイトルが「「発情アニマル」! 当時、愛読していた…

負け犬の中高年は禁断の少女に萌える!「ロリータ」

今なおセンセーショナルな禁断の文学の完全映画化は、映像派エイドリアン・ラインの最高傑作だった! (評価 84点) タブーを打ち破る、初老の中年男と、たおやかな少女との大胆なセックス・シーン!みずみずしくも美しい映像の数々。そして名匠エンニオ・…

負け犬の嗚呼匂い立つ大人のエロス!思い出の性春は想像以上にエロかった件「青い体験」

パンストに包まれたムチムチの太腿、その太腿を触りまくる夢のひと時に悶死必死の性春のエロス (評価 70点) 昭和世代の青少年の股間を熱くしたビーナス、ラウラ・アントネッリの羞恥プレイの数々にただ悶死する青春エロ映画の傑作。 ラウラ・アントネッ…

負け犬が本物のレイプを目の当たりにしていたことを知って驚愕した件「ラストタンゴ・イン・パリ」

人間の束の間の性と生のタンゴを描く映画に、やらせなしの本物のレイプシーンがあったとしても、ベルトリッチ最大の傑作には違いない! (評価 80点) 名前も知らない男と女が、お互いの存在を確かめ合うように、アパルトマンの一室でその肉体を貪りあう。…

負け犬は衝突で発情する!ようこそ変態たちの世界へ「クラッシュ」

世にもおぞましきフェティシズムの世界。変態たちが爆走し衝突するフェティッシュたちのエロとグロの狂宴 (評価 80点) 変態の欲望に終わりはない。究極のエクスタシーを求め、何処までも突っ走る、エンドレスなるエロの世界。 いずれ劣らぬクセ者揃いの…

負け犬とエロい熟女の殺戮劇場「丑三つの村」

草むらに捨てられたエロ本の猥褻な写真にたぎらせた野卑でゲスな欲望が、猟銃から放たれた銃弾とともに全方位に暴発する、世にも危険なエログロ・バイオレンスの問題作。(評価 68点) にっぽんの熟女イメージのシンボル、五月みどりがエロ度全開に見せま…

負け犬のナチのエロスとセックス親衛隊「愛の嵐」

文芸と耽美の、倒錯のエロスとの見事な融合。夜明けの鉄橋を歩く、ロリコン・ファッションと軍服姿のカップルのシルエットはこの上もなく美しかった。 (評価 78点) ナチの軍服とSMボンデージが倒錯する妖しき世界、その世界に溺れるカップルの末路は哀…

負け犬カップルの淫靡な末路「赤い航路」

羞恥プレイにSMごっこ、遂には放尿プレイまで、一組のカップルが見せつける淫靡な関係の末路は哀しかった (評価 80点) 人間がその欲望のままに淫らな行為に埋没し、それをやり尽くした時、最後に残るのは何なのだろう。文学的でもありながら、猥褻な三…

負け犬の燃える発情期「スキャンダル」

昔、洋ピンという言葉があった。 (評価 60点) その昔、いや今でも新世界あたりの裏通りの袋小路にはあるはずだ。破れかけたそのポスターには、総天然色と銘打たれ、世にもけばけばしい書体で『雌犬~』とか『色情~アニマル』とかデカデカと書かれたタイ…