負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう崖っぷちの映画録。また、たまに<映画をエンジョイ英語もエンジョイ>と題して、映画の実際のスクリプトを原文と翻訳でご紹介。英語学習気分もちょっぴりどうぞ!

戦争

負け犬の宇宙空間の頭脳戦「眼下の敵」

駆逐艦と潜水艦の一騎打ち、海上と水面下の両雄の頭脳戦は、宇宙での戦いの序章だった!(評価 74点) 戦場での戦いは兵士たちの戦いでもあるのと同時に、それを指揮する指揮官同士の叡智を尽くした頭脳戦でもある。アスリートたちが戦士であるのと同様、…

負け犬のオールスターの金太郎飴「史上最大の作戦」

第二次大戦の勝利の美酒に酔い謳歌する超大作。とにかくその物量に圧倒される3時間。更には史上最大の編集ミス?にも、ビックリした! (評価 70点) 次から次へと繰り出されるスターたちが圧巻そのもの。これは、まるで何処を切ってもスターの顔が現れて…

負け犬はふたりぼっち「太平洋の地獄」

戦争が生んだ究極の『ぼっちキャンプ』は一人ではなくふたりぼっちのサバイバルだった! (評価 78点) 古今東西の昔から負け犬というのはひねくれものと決まっている。だから映画も一風変わったシュールなものが好きなのだ。ところが、負け犬が昔から偏愛…

負け犬の神様も虎にはなれず「トラ・トラ・トラ!」

神様も虎にはなれなかった!夢で終わった映画の神様、黒澤明ハリウッド・デビューの真相を暴く! (評価 70点) 誰もが待ち望んでいたであろう、黒澤明のハリウッド・デビュー。しかし、その夢は突然の降板劇によって、遂に実現しなかった。今も尚、謎とさ…

負け犬さんの美人は薄命どころかしぶとく生き残る。その手に握るのは汗ならぬ爆弾だったという件「ハート・ロッカー」

アートの道を志していたキャスリン・ビグローは、さらにポピュラーな大衆的な芸術としての映画に魅せられ、ミロシュ・フォアマン監督のバックアップを得て映画の道に踏み出すが、その後に築いたのは赤字作品の山だった。 (評価 76点) あの「アバター」と…