負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が、負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう映画録。また、日々のトピックや時事問題に関する雑感を、生き物たちが繰り広げる動物コミックのスタイルでご紹介!どうぞお楽しみください

時代劇

負け犬の文句なしに面白い!とはこういう事「椿三十郎」

本編開始一分でクライマックスにいきなり突入する怒涛の脚本術!胸がすく、痛快という言葉こそがふさわしいスーパー・エンターティメント! (評価 88点) 行き着く間もないプロット展開の妙味に秒殺の30人斬り!そして息詰まるコンマ0秒の瞬息の決闘シ…

負け犬の中間管理職の悲哀「切腹」

中間管理職の末路は昔も今も切腹なのか!この上もなくスリリングな身の上話に釘付け必至! (評価 85点) 武士といえども、いわばただの宮仕え。サラリーマンでいえば中間管理職。コロナ過の現在、屋台骨が傾いてあえなく放逐される憂き目に会えば、リーマ…

負け犬さんの方向性皆無の人を怒らせたらコワイよシリーズの最高傑作とビジネスモデルにおける発想の転換という件「座頭市物語」

その男、盲人にして居合の達人。而してその強さは鬼神の如し、時代劇史上、不滅のアンチヒーローここに参上 (評価 88点) 日本には誇れるものがいくつもある。たとえば国境の壁を軽々と超えてみせるキャラクターたち。その代表格は言うまでもない、キング…