負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が、負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう映画録。そして、木枯し紋次郎を完全コミック化(笑)した「劇画!木枯し紋次郎」を日々、配信中!色々な動物が繰り広げる動物コミックもあわせてお楽しみください

劇画!木枯し紋次郎「咽び泣く娘の涙に背を向けた」

f:id:dogbarking:20211106074437j:plain

f:id:dogbarking:20211106074518j:plain

というわけで、突如として始まった劇画!木枯し紋次郎!1972年に産声を上げ、令和の今の時代になっても魅力が一向に衰えることのない孤高の旅人。

紋次郎はいつ見てもシビれさせてくれますね~

そんな無宿渡世の紋次郎は何せ孤高の旅人なので、どこの土地に立ち寄っても、親分衆や土地の顔役には目もくれない。だから、その収入源は、もっぱ博打の勝ち銭ということになる。でも、どう考えても、旅先で必ずしも博打場があるわけでもないし、常に勝てるとは限らない。

だとすれば懐具合はいつも寂しかったはず、ともすればこんな一幕もあったかもしれませんよね~