負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう崖っぷちの映画録。また、たまに<映画をエンジョイ英語もエンジョイ>と題して、映画の実際のスクリプトを原文と翻訳でご紹介。英語学習気分もちょっぴりどうぞ!

新木枯し紋次郎 第二話「年に一度の手向草」 初回放送日1977年10月12日

日活ヌーベルバーグの新たなる息吹

f:id:dogbarking:20210404081157j:plain

<姉のお光の墓参りにおとずれた紋次郎。そこで見たのは。その墓が何者かに荒らされ、そこに埋められていた身も知らぬ娘の死体だった。かつて同じ村の住人だった梅吉は、それが村の名主の娘のおせんだという。紋次郎は、真相を追って、名主の家へと向かうが、村の誰もが、おせんの元気な姿を見たと証言し、深まる謎とともに、紋次郎が知ったのは、村にまつわる、ある秘密だった>

 

 紋次郎に不可欠なバックストーリーといえば、生後間もなく間引きされかけたところを姉のお光に救われた一件。シリーズを通じ幾度となく出て来るそのエピソードが、本編の冒頭にも出て来る。そして、その瞼の母ならぬ、瞼の姉の最愛のお光の墓が無残に荒らされ、そこから見も知らぬ娘の遺体が発見されるという、ショッキングな本編を監督、さらには脚本まで手掛けたのが誰あろう、日活ヌーベルバーグで名を馳せ、日本映画史にその名を刻む神代辰巳

f:id:dogbarking:20210404081222j:plain

 本格ミステリ的な本作だが、神代辰巳監督ならではのほぼワンシーン、ワンカットの演出で統一された本作は、それゆえにシリーズ中でも異質な一本。そのワンシーン、ワンカットの効果で、ドラマ的というより、映画のような厚みがもたらされている。しかし、逆に、市川崑演出のようなテンポや切れ味に欠いたことは否めない。

 それでも、お光の墓をめぐってのミステリアスな顛末から、クライマックスの急斜面での大八車を使った見せ場に至るまで、おそらくフィルモグラフィとしては、初とも思われる時代劇として、実に印象的な一編に仕上げてくれている。

f:id:dogbarking:20210404081242j:plain

 ちなみに今回の新シリーズでは、紋次郎こと中村敦夫が三本のエピソードの監督を手がけている。旧シリーズの「獣道に涙を棄てた」では、一気に二本分もの予算を使ってしまい、プロデユーサーを仰天させた中村敦夫が、新シリーズでは早撮りに徹し、リーズナブルに仕上げたという同氏だが、その出来映えには満足らしく、どれもが傑作と自負しているのが、本シリーズと紋次郎への愛着がしのばれて、微笑ましい。

 その中村敦夫が新シリーズで手掛ける最初の作品となるのは第七話にあたる「四度渡った泪橋」。当エピソードでは、ゲスト出演の三浦真弓がヌードを披露するなど、ファン・サービスにも徹した娯楽作となっている。また、脚本も自ら手掛けたそのペンネームが、白鳥浩一。この名前の由来が、玄人はだしの競輪マニアの同氏が、好きな競輪選手の名前を合体したものなのが、国会議員まで務めた千変万化の顔を持つ中村敦夫らしい。