負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が、負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう映画録。そして、木枯し紋次郎を完全コミック化(笑)した「劇画!木枯し紋次郎」を日々、配信中!色々な動物が繰り広げる動物コミックもあわせてお楽しみください

負け犬のキャンドルライト「ダイハード2」

負け犬が歌う「きよしこの夜~♪」もズンドコ節~の氷川きよしにも負けてはいないぜ(わけわかんね)

(評価 78点) 

f:id:dogbarking:20201229044623j:plain

大ヒット作の続編がヘッポコというのは定説だった。あくまでだった・・という過去形なのも、いつしかそのセオリーが変わり始めたからだ。運が良ければ007のジェームズ・ボンドのように第二作でそのキャラクターのポピュラリティーに一気に火が付きシリーズ化という幸運にありつくことにもなる。このダイハードもこの二作目でそのラッキーにありついたといってもいいのではなかろうか。

 1作目では、原作者ロデリック・ソープの逸話をご紹介したけれど、この2作目もまずタイトな原作のチョイスが吉と出た。その原作がウォルター・ウェイジャーによる「58Minutes」。1作目同様、本そのものの知名度にはこだわらず、内容性、ストーリ性、アイデア重視の選択だったはず。この原作の舞台のケネディ空港を、再びシーズンをクリスマスの設定にし、ダレス空港に置き換えたのが本作だった。

 前作公開当時、興行成績は期待を大きく下回ったが、1作目の知名度は公開後に浸透したこともあって、本作の日本における興行収入はなんと前作の3倍!これによって二作目が二番煎じのお茶濁しのセオリーが見事に粉砕されたといっていいだろう。

 本作公開当時のレビューは総評としてこうだった-アクションとともに展開された伏線が最後の最後に収斂する、その様は圧巻だ。確か本作を見たのは当時の梅田ナビオの映画館、前作のさびしい館内とはうって変わって、見た時は満員御礼の館内で、レビューに一切の嘘いつわりもない出来栄えに、ラスト胸を熱くしたのを昨日のことのように覚えている。

 ところが、このシリーズ1,3は繰り返し見続けているのに、何故かこの2は公開時、見たきりで長年見ていなかった。この師走、冷たくなった北風に首をすくめてフト思い出し、この死ななない奴の第二弾をン十年ぶりに見てみた次第。

 イヤア~!伏線一挙回収のフィナーレは健在、あの名ゼリフ「Fucking、Landing Light!(やったぜ!誘導灯だ)」で、見事に泣かせてくれました。

 公開当時も爆笑したけど、あの脱出シートで天高く舞い上がるシリーズ中もっとも笑える傑作シーンの破壊力も健在、文句なしでした。一作目がタテ構造の限定空間。本作は一転し、全方位型の空港というオープンな設定を存分に生かし、陸と空とのサスペンス。そこでマクレーンとホリーを巧みにカラマせ、最後の抱擁に持ってくる構成は見事の一語。悪役の面子からいえば、間違いなく本作がベストでしょう。

 特にというか、やっぱりというべきか、麻薬王エスペランザ将軍に扮したフランコ・ネロは貫禄ものでした。

 ここまで満点、満腹ご馳走様の本作で唯一、解せないことがある、どうして1,3作目は何度も見ているのに、これだけは1回見たきりで今まで見てこなかったのだろう・・。一期一会という言葉があるけれど、映画との付き合いも、不思議とそんなことがあるもので。

 いずれにせよ久しぶりの再会で、その面白さを再認識した本作、聖なる夜はやっぱり「ダイハード2」で楽しみたい!