負け犬的映画偏愛録

崖っぷちの負け犬が、負け犬的な目線で偏愛する映画のことを好き放題のたまう映画録。そして、木枯し紋次郎を完全コミック化(笑)した「劇画!木枯し紋次郎」を日々、配信中!色々な動物が繰り広げる動物コミックもあわせてお楽しみください

2021-01-27から1日間の記事一覧

負け犬さんのシンクロさせたい気持ちは分かるけどどうにもシンクロしきれなくてシンクロナイズドスイミングをただ遠巻きに見ただけで終わっちゃった感ありありだった件「パシフィックリム」

巨大ロボと怪獣の対決をあのデル・トロがブロックバスター級のスケールで描く。誰もが心を躍らせた企画だったのに、肝心の怪獣に個性がないのが致命的だった。 (評価 60点) 自他ともにオタクと認めるデル・トロがそのオタク魂の全てをそそぎ込んだ渾身の…

負け犬さんのタンタンの冒険、ベトナム帰還兵が家族を殺されたのに静か過ぎて結局世界に馴染めなくて殺し合いにカタルシスを覚えるところが不気味だった件「ローリングサンダー」

本作のキャッチフレーズは淡々(タンタン)。この熱さゼロの淡々とした静かなる復讐談はおそらくクセになる (評価 70点) 本作、脚本があの「タクシードライバー」のポール・シュレイダーのアクションものの渋めの佳作とあって、その昔、見るのを切望して…